社員の離職防止はその対策が多岐にわたることも多く、もちろん決して簡単なものではありません。

ですがこの売り手市場の世の中で、ごく一部の人気企業を別にすれば退職した社員の補充すらままならないことも多いでしょう。何とかして離職防止を図ることが必須と考えている会社も多いはずです。まず、退職を申し出てきた社員を単に引き止めたり、この退職願は預かっておくなどとドラマのようなことを言っても無駄なことが多いというのは知っておきましょう。

退職というのは当然ながら非常に大きな決断であり、おいそれと申し出ることができるようなものではありません。言い換えれば、それを申し出てきたということは既にその人の心の中は固まっていることが普通で、上司の説得など無駄だというわけです。ですから、離職防止のためには、退職を申し出るよりも前に手を打つ必要があります。そのための手段の一つが社員に対するアンケート調査でしょう。

単に退職を考えているかどうかという直接的な質問だけでなく、この会社にどれくらい満足しているか、仕事をしていく中で何がストレスで、それはどれくらいの程度のものかといった質問を織り交ぜることで退職の危険度をある程度推し量ることが可能です。そして、多くの社員がストレスを感じている点、とくにあまり満足していない社員が感じているストレスは、放置すると退職につながる危険が高いでしょうから、まずはそこから重点的に手をつけることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *