現代の日本では、人材不足の問題が深刻化しています。

入社した社員の定着率を向上させて長く働いてもらうためには、離職防止のための策を講じなければなりません。売り手市場である今は、労働者が別の職場を探したいと考えていたらすぐにでも実現できてしまう環境です。働き手にとって魅力ある会社でなければ、採用した人が次々に辞めてしまって一定数の社員を維持することも難しくなります。

取り組むべき事は労働条件の改善であり、新入社員の場合は特に労働条件が理由の退職が多いようです。休日に休めない、人間関係が悪い、仕事内容が期待していたようなものではない等が重なると、新入社員のモチベーションは低下して、続けたいという気持ちもしぼんでしまいます。ただし、労働環境は条件は短期間のうちの直せるものではありませんので、焦らずじっくりと取り組むことも重要です。取り組みの中で何を変えていこうとしているのかは、逐一アナウンスをして理解を求めます。

会社が変わろうとしている姿勢を見せれば、今後に期待が持てますので、もう少し頑張ろうという意欲が湧いてくるものです。離職防止策では、退職しようと決めている社員をそのままにするのではなく、何が原因なのかをきちんと聞いてみることも大事です。去る者は追わずの姿勢を貫く会社もありますが、離職防止のためには辞めたいと考えている社員の気持ちを知らなければなりません。また、離職の可能性が高い社員を見つけたら、さり気なくフォローするのも良い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *