新卒で一流企業に入社しても「こんなはずではなかった、もっと自分に合った会社が他にあるはずだ」と思いこみ、離職をする若手があとをたちません。

離職する人にもそれなりの責任はありますが、その離職防止を阻止できなかった上司たちにも責任があると考えられます。新入社員を一人前の社員に教育するまで、おおよそ3年の期間を必要とします。石の上にも3年という諺があるくらいですから、それだけの投資をしなければ人は育たないということの証明にもなりましょう。

それだけの投資をしているのですから、次から次へと会社を辞められては、折角の投資がすべて水泡に帰すというものです。離職防止に欠かせないのが、上司・同僚とのコミュニケーションです。相手が何を考えているのか、どこに不満がありそれをどうすれば解消できるのか、それが分かるのは管理監督者と同僚だけなのです。少しでも「会社を辞めそうな危険性」を察知した時点で、離職防止策をとることが肝心と言えます。

大学や大学院を出たばかりの新入社員など、厳しい現実社会ではどこに行っても同じことが起きるばかりです。先輩社員が酒でも酌み交わしながら愚痴を聞いてあげたり、褒めておだててやる気にさせる。その人の目に輝きと意欲が戻ってくるまでしっかりとケアをし続ける、またアフターケアだって欠かさない。それぐらいの新人教育ができなくては、企業全体が成長・発展しないと思ってください。人は宝なのです、その宝を袋の中にしまっておかず、人の持つ最大限の能力を引き出してあげてこそ企業は成長を続けるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *