どんな企業であっても、そこで勤務する職員から成り立っています。

建設業・製造業・農業・サービス業など、世の中にはさまざまな業種が存在しますが、人の存在なくして企業の存続はありません。「企業は人なり」という名言が生まれる理由がここにあると考えられます。また、企業は数年間で消滅していくものではなく、永続することにより社会全体に貢献することが期待されています。

企業を生かすも殺すも、社会を活性化させるかどうかも、そこで働く社員の肩にかかっていると言っても過言ではありません。だからこそ、人を採用し一人前の職員を育成することの重要性が問われるのです。職員の採用に際しては、新入社員を募集する場合と中途採用により職歴のある人を採用するケースに大別できます。いずれにせよ、メリット・デメリットがありますが、彼らの離職防止を図り、企業に役立つ人材へと変えていく必要があります。折角さまざまな研修を行い人材投資を行っても、離職防止が不十分であれば、彼らは企業を去っていくこともあり得ます。

離職防止のためにとるべき方策の重要性が叫ばれるのは、企業存続と発展のために必要不可欠です。そのための方策は、先ずトレーナーたるべき先輩職員を付け、コーチ役としてオンザジョブトレーニングをすることが考えられます。仕事をしながら仕事の喜びを学び、自然な人的成長を促すのです。管理監督者はその状況をうまく見極め、両者の性格がマッチしていなければ軌道修正を図り、別の先輩職員を充てることも必要となります。人材を人財に変えるため、企業全体で新入社員を見守りながら人材育成を図っていく、これが企業の成長・発展に求められるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *