就労してもらった人とは雇用において、一定の信頼関係が成り立っています。

採用時の条件などが労働者側と合致し、採用しても良いということで労働契約を交わして働いてもらうわけです。ところが最近ではかつてのように同じところで一生働き続けること自体が珍しくなりました。役所で働く公務員は別として、一般企業などでは労働条件などが合わないなどの理由により、離職をすることは珍しくない時代です。採用するときにはその企業などは多大な労力を払っています。したがって採用した人が離職をしてしまうと、色々な分野で調整が必要です。そのため離職防止に向けてしっかりと対応をとるところも現れています。ただし、良い意味での対応ばかりとは限りません。

中には退職願を破棄するなどして正式に受け取らないなどのケースも出ています。こうした離職防止の対応では、労働者側も対応を行うことが増えました。士業たとえば弁護士などに依頼を行い、離職の手続きの代行をしてもらうことで、企業側の引き留めを避けることも行われている状況です。労働者と直接はなしをして離職防止を訴えるやり方では、もはや労働者を引き留めることは難しくなっています。代理人による退職手続きでは、引き留める方法がなかなか出来ません。そのため労働者に長く働いてもらうためには、労働条件をよりよくするなどするとともに、最初に取り交わした労働契約書の遵守も必須となります。職場の意識改革も当然ながら求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *