働き方改革がスタートしてから、各会社ではコンプライアンスを徹底している流れにはなっているものの、全国各地にある会社の中には、未だに古い体質が残ったままという環境も決して珍しくありません。

このような会社の中には就職したものの、短期間で離職してしまう社員が多い傾向にあり、離職防止に向けた行動は欠かせません。何が問題なのかを考えてみると、社員の不満の中には労働時間に関する事情も多い傾向にあります。月に40時間未満程度の残業が必要とされ、きちんと残業代も支払っていれば大きな問題になることは少ないのですが、残業時間が多い会社、残業代が未払いの会社、手当てとして支給をしているものの、不足している時間が発生している職場では離職防止に向けて残業時間を大きく減らす努力が重要です。

週に40時間の労働時間を超過している部分については、時給換算にして1.25倍の時給を支払うことが法制度では決められています。離職防止では残業時間を減らしながらも、1、25倍という支給額を徹底して管理することは当然のことと考えられます。良いシステムは存在していて、社員の労働時間を管理するクラウド型の管理システムがあります。このようなシステムを会社が導入すると、正しい計算で給与を支払うことができ、お金を透明化することができるので、離職防止に役立ちます。残業時間といえば、一般的には夕方の就業時間が終えた後の時間帯を指しているものですが、会社によっては早出の問題も出ています。規定の就業開始時刻よりも会社側の指示によって早く出勤することが求められている会社の場合、この時間も残業代に含めて正しく計算することもかなり重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *