給与を日払いの労働でも受け取ったときには、通常はあらかじめマイナンバーを届け出ておくのが基本です。

そのマイナンバーで所得の把握がなされてしまうため、所得税などの確定申告をしっかりと行う必要が出てきます。また仮に受け取っている事業所が1箇所だけであっても、給与を日払いで受け取っていてかつ他の事業所での就労が無い場合などにあっても、確定申告を行うことで税金を確定させることが大切です。年末調整などで対応が出来ないようなとき特に医療費控除などのように控除類があるとき、また年金収入などがある場合などでは、給与を日払いで受け取っていることと合わせてその所得を確定させる必要が生じます。

確定申告で対応が全て出来るため、年末調整が出来ない場合などではこちらで全て完結する流れです。社会保険料控除として健康保険料を支払っている場合、公的年金保険を支払っているときなどでは年末調整で対応が出来る場合もありますが、仮に出来なかったり漏れてしまったときでも確定申告を行えば問題は解決できます。

通常の事業所であれば、給与を日払いで支払うにしても事前にマイナンバーの提出を求められます。その番号により所得などが把握されてしまうため、確定申告が必要になる人が出てきます。複数の事業所で働いていてもマイナンバーを各事業所ごとで把握されてしまうため、逃れることが出来ません。正しい申告と納税が必要なために忘れずに行うことが肝要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *