タイムレコーダーに紙のタイムカードを挿入する事で出勤時と退社時の時刻をカードに打刻が出来ます。

出勤時や退社時の時刻は会社毎に定められており、所定労働時間を会社の中で就業する事が会社で働く人の義務があり、これを管理するのが勤怠管理です。所定労働時間を満たしているか、遅刻早退の有無、欠勤の有無をチェックして給料に反映させるのが勤怠管理の目的の一つで、打刻された情報を集計して管理を行うことになります。そのため、従業員の数が多いと勤怠管理にかかる工数も多くなります。

最近は勤怠管理システムを導入する企業も増えていますが、勤怠管理システムは従来のタイムカードとは違って打刻された情報がデータ化されるので、集計する作業が要らなくなりますし、タイムカードに記録されている時刻をパソコンに入力するなどの手間も省けるなど、勤怠管理における工数削減に繋げられます。尚、勤怠管理システムを導入する場合、従業員と勤怠管理を行う管理者が時間の把握を常に行う事が大切です。

タイムカードの場合は、打刻された情報をリアルタイムに見る事が出来るわけですが、勤怠管理システムの場合は打刻した情報をリアルタイムで見る事が出来るシステム作りが必要になります。リアルタイムで打刻された情報を従業員と管理者が常に見る事が出来るようになることで、勤怠管理の目的でもある時間の把握を行えるようになりますし、時間の集計やチェックなどにかかる工数を削減できるなどのメリットに繋がります。
給与の前払いシステムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *