前払いは、現在福利厚生の制度の一つとして大きな注目を集めています。

採用応募数の増加や離職率の低下につながるという形で、人事担当者にとって大変メリットが多いからです。これはつまり給与支払日から繰り上げて、本来支払うべき日よりも前に先払いで支払うことができるというようなサービスのことですが、従業員が申請した時などに給料中から一定の割合で金額を先に支払うことによって様々な出費などに従業員が対応ができるようになるという形になっています。

引っ越し直後や、冠婚葬祭、旅行といったことがあっても、この前払いシステムのおかげで助かるという社員がたくさん増えてきているのです。実際この方法を採用したことで、有効求人倍率の動画上がってきている現場の中でしっかりと求職者に選んでもらうことがとても大切になってきますが、このような制度を敷いておくことがとても重要なポイントとなってきます。まずそのメリットの大きな一つとしては離職率を減らすことができる、ということです。

給与前払いシステムを敷いているかによって従業員たちが別の職場へ移ってしまうことを、減らすことができるようになるのです。また意外と見落とされがちのメリットとしては、給料前払いシステムにすることによってスマホ一つで申請することができ、勤怠管理給与計算のサービスと連携することで、スピーディーにその給料の支払を行うことができるようになっていくようになっている点です。それによって経費や売上管理などといった業務を集中して行うことができるようになり、給与の管理に関してはとても楽になるといったメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *