給与前払いシステムは、福利厚生の一環として導入が進んでいるサービスです。

給与を働いた日数分、給与日前に受け取れる仕組みで支払われることが可能な仕組みです。引っ越し直後や冠婚葬祭、旅行など急な支出が発生する気に便利なシステムで特にアルバイトなど時給で働いている人には特に人気です。人手不足が叫ばれる中、いかに求職者に選んでもらえるかが企業側からも重要な経営上の観点となっています。事前に支払われる前払いシステムは、仕事を探す側からの選択肢の一つとして効果を上げていることから導入される企業が増え始めています。

例えば募集数の増加や離職率の低下などが、導入した企業からは数値として出ているようです。それでは、この前払いシステムはどのような仕組みで手続きを行い支払われるのでしょうか。よくあるサービスは、給与前払いサービスを提供しているサイトに登録が必要になります。例えば7日間働いた後、時給分の支払いをサイトから申し込むととしましょう。

そうすると、当日~数日で指定する自分の銀行口座に働いた分の給与が支払われます。その際に利用する側には一定の手数料が差し引かれることが多いです。一方で企業側が手数料を負担する場合もあるため、仕事を探すときに福利厚生を確認する際はどの前払いサービスを導入するかを検討するのも企業選択の一つの手段です。特に長く働き続けたいと希望している人には、手数料もバカにはならないので注意してみてみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *