給与の前払いシステムというのは、サービスを提供する会社が賃金を支払う会社に代わって従業員に給与を立て替えて支払日よりも早く支払えるようにするものです。

給与の算定基準としては日給や時給がありますが基本的には契約に基づき労働した時間に対して対価が支払われるもので、働いた時点で貰う権利が発生します。しかし会社としてはその場で支払うということは一定の期間雇用される場合には行われず、月末にまとめて支払われるものです。契約上は日給制であったり時給制であっても、支払いは月給という形になります。

一方で従業員としては働いたぶんだけすぐにお金がもらえないため月末に現金が不足するということもあるもので、そのような時に他の所から借金するのではなく働いた給与を前払いで支払ってくれる前払いシステムはメリットのあるものです。ただ、給与の前払いシステムを導入するときにはデメリットもあることに注意しなければなりません。

基本的にはサービスを提供する会社に手数料を支払って前払いをしてもらうことになりますが、この手数料というものは比較的高額になりがちです。また勤怠データと連携する必要があるため、会社の情報が外部に漏れるというリスクもあります。このようなことから前払いシステムを導入する場合には、可能な限り手数料が小さいところで運用する負担が少ないところを選ぶべきですし、信頼性のある前払いシステムを提供している会社を選ばなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *