給与は一般的に後払いで、実際に働いた時間や日数に応じて後でまとめて計算をし、毎月決まった日にちに支払われます。

しかし前払いシステムという方法があり、それは従業員の申し出があれば本来の支払い日よりも前にもらうことができるという方法です。前払いに関しては労働基準法でも、疾病や災害などの非常時であれば可能であることが認められています。この給与前払いシステムを福利厚生サービスの1つとして導入することで、いくつかのメリットが生まれます。ある調査で、求職中の人の希望の中に「日払い」ということが注目を浴びていることがわかっています。

日払いということは勤務した分の給与をできるだけ早く受け取りたいということなので、前払いシステムがある企業に対して魅力を感じる人が多くなります。そのため、応募数がアップするというメリットが生まれるのです。またそのようなシステムをいつでも活用できるという安心感から、離職率が下がるということも期待されます。さらに企業側にとってみても、給与の計算に取られる時間が削減されるというメリットもあるのです。

このようなシステムのサービスを行う企業もあり、勤怠管理システムと連携をすることで従業員の新制に応じた給料を支払うという外部の専門サービス提供企業です。その企業の前払いシステムを導入すると、企業側には全スタッフの一括管理と前払いの業務をすべて請け負ってもらうことができるというメリットが、従業員側にはスマホなどで簡単に申請ができスピーディな対応をしてもらえるというメリットが生まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *