離職防止こそが最も効率的な人手不足対策である

かつては石の上にも三年などと言われ、仕事が自分に合っていないと感じても最低でも3年間は我慢して勤めるといった傾向にありましたが、最近では人手不足も相まって特に若手社員は社風が自分に合っていないというだけで、あっさりと簡単に会社を辞めて素早く転職をしてしまうケースが増えてきています。