• 高校留学について詳しく知る

    留学とは海外に行って学ぶことで、小中高、大学と留学する機会はありますが、高校生のときに留学する人の割合がもっとも高いです。

    ボーディングスクールを是非ご利用ください。

    脳の柔軟性は10歳位まであり、思春期を迎える頃から失われ始めます。

    そのためネイティブのような英語を習得するために高校留学は適しています。
    高校留学には様々なスタイルがあり、交換留学と私費留学があり、交換留学は学校に在籍しながら留学することができ、国際交流がメインで、費用も抑えられます。

    口コミで評判のOKWaveの情報を公開しているサイトです。

    私費留学は費用は高くなりますが、地域や学校をある程度自由に選ぶことができるのが魅力で、最近人気の制度です。


    留学する期間はタイプにより異なり、夏休みなどの長期休暇の間を利用した1週間だけの短期から、高校生活の3年間海外の高校で学ぶ長期的なものもあります。
    高校留学の費用はどの国に留学するかで大きく変わってきますが、比較的安価な留学先でも、渡航費用、滞在費や学費を含めて最低でも年間200万ほどかかる場合が多く、3年間の合計費用は600万以上かかる場合もあります。


    英語圏の留学先として人気が高い国の中でも費用が高めの国はアメリカとイギリスです。ニュージーランドやカナダは比較的に安く、オーストラリアがその間くらいになります。
    本格的に海外の高校で学ぶ場合、私立か公立かで費用は大きな差が出るので注意が必要です。


    公立高校への留学は交換留学を利用すれば授業や入学にかかる費用が免除されることがあるので安くなります。


    私立校の場合、留学にかかるすべての費用を負担する必要があるため、数倍以上の費用がかかることもあります。